示談書を無効に!!(当事者間で作成した示談書を無効にできたケース) | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 示談書を無効に!!(当事者間で作成した示談書を無効にできたケース)

離婚の解決事例

015 示談書を無効に!!(当事者間で作成した示談書を無効にできたケース)
  • 離婚請求

    求められた

  • 原因

    浮気

    不貞行為

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    不明

  • 条件

    慰謝料

    養育費

  • 手続き

    調停

事案

不貞行為に及んだ男性が、妻から慰謝料として800万円の請求を受けていました。その際、上記男性だけでなく、不貞行為の相手の女性も妻から慰謝料の請求を受けており、事前に300万円を支払う旨の示談書を作成してしまっていました。

「不貞行為に及んだことは間違いないし、慰謝料として300万程度を支払う用意はある。しかし、あくまで二人分として300万円であり、事前に作成した示談書も破棄してもらいたい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

調停手続において、慰謝料を合計300万円に減額させることに成功しました(500万円の減額)。また、その際に、事前に作成した示談書が無効であることも確認し、紛争を一体的に解決させることに成功しました。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい