不貞行為はあるけども・・・(有責配偶者からの離婚が実現したケース) | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 不貞行為はあるけども・・・(有責配偶者からの離婚が実現したケース)

離婚の解決事例

021 不貞行為はあるけども・・・(有責配偶者からの離婚が実現したケース)
  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    性格の
    不一致

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    公務員

  • 相手職業

    公務員

  • 条件

    財産分与(預貯金/退職金)

    慰謝料

  • 手続き

    調停

事案

性格の不一致を理由に別居をしていたところ、妻から離婚調停を申し立てられた。
「自分に不貞行為がある為、相応の解決金を払うことはやむを得ないと考えているが、出来るだけ金額を安くしてほしい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

双方が公務員であった為、財産分与の部分で退職金や共済年金等、分与する財産が多数あった。しかし、結果的に当初は、慰謝料として300万円を請求されていたが、100万円以上の金額を減額させることに成功しました。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい