父親が子ども3人の親権を取得できました!! | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ

離婚の解決事例

035 父親が子ども3人の親権を取得できました!!
  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    性格の
    不一致

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    公務員

  • 相手職業

    パート
    アルバイト

  • 条件

    親権

  • 手続き

    調停

事案

子育て観の不一致等を理由に、夫本人が妻に対して離婚調停を行っていたものの、親権について協議がまとまらず、離婚には至りませんでした。その後も、夫側で子どもの監護を続けていましたが、面会交流の方法等にも問題があったことなどから、再度、夫の方から離婚を請求していくことになりました。「もはやこれ以上、婚姻関係を続けたくない。子供の監護も妻には任せられない。そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

再度、調停を申し立てることとなりました。当初、妻は離婚には一切応じないという姿勢でした。しかし、調停を重ねる中で、徐々に妻も婚姻関係の修復が不可能であることを悟り、条件次第では離婚に応じる方向になりました。

また、子どもの親権についても、当事務所の弁護士が、家庭裁判所の調査官(子供の親権について重要な判断をする方です。)に対して、妻の監護態勢が極めて不十分であること、夫の監護態勢に何ら問題が無いことを主張していった結果、調査官も子供の親権は夫にすべきと判断するようになりました。

最終的に、子供3人の親権を全て夫が取得するという形で、3回目の調停で離婚することで調停が成立しました。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい