別居期間が短い中で 妻が一貫して離婚を否定していたものの、最後に妻の要求する慰謝料200万円を一切支払わない形で離婚を成立させることに成功した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 別居期間が短い中で 妻が一貫して離婚を否定していたものの、最後に妻の要求する慰謝料200万円を一切支払わない形で離婚を成立させることに成功した事例

離婚の解決事例

066 別居期間が短い中で 妻が一貫して離婚を否定していたものの、最後に妻の要求する慰謝料200万円を一切支払わない形で離婚を成立させることに成功した事例
  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    性格の
    不一致

    モラハラ

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    パート
    アルバイト

  • 相手職業

    会社員

  • 条件

    養育費

    慰謝料

    解決金

  • 手続き

    調停

事案

依頼者は妻のモラハラを理由に離婚を希望していたものの、妻は一切応じようとはしませんでした。「とにかく早く離婚がしたい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

依頼直後より離婚に向けた協議を行っていましたが、一向に離婚に応じる雰囲気はありませんでした。そこで、依頼者より離婚調停を申立て、同調停で協議を続けていきました。協議を重ねる中で妻は徐々に離婚に応じる意思を見せ始めましたが、他方で慰謝料として200万円、養育費を22歳まで支払うよう求められていました。

当事務所の弁護士は、妻が離婚に応じる意思を書面で明示したことを皮切りに、調停で離婚に応じられないのであれば、速やかに訴訟で離婚を請求していく旨をお伝えしました。その結果、妻は要求を大幅に減額することとなり、一気に離婚を成立させることに成功しました。

 
養育費
解決費
備考
弁護士
介入前
22歳まで
200万円
 
弁護士
介入後
20歳まで
0円
その他の金銭的請求も全て排斥

弁護士の視点

本件のポイントは、妻が調停の中で、「離婚には応じる意思があること」を書面で記載してくれたことです。通常は別居期間が短い場合は裁判をしても離婚が認められない可能性がある為、ある程度、相手方の金銭的要求を飲まざるを得ない場合があります。しかし、本件では上記書面を証拠として提出することで、別居期間にかかわらず離婚が認められる可能性が高くなりました。

そこで一気に強気な交渉姿勢に切り替えることで、相手の金銭的要求を大幅に減額させました。別居期間が短いにもかかわらず、特別の金銭的負担をすることなく離婚を成立させたという点で大きな成功を納めた事例です。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい