協議で養育費を相場から約2万5000円減額させることに成功した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 協議で養育費を相場から約2万5000円減額させることに成功した事例

離婚の解決事例

101 協議で養育費を相場から約2万5000円減額させることに成功した事例
  • 離婚請求

    求められた

  • 原因

    性格の
    不一致

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    無職

  • 条件

    養育費

  • 手続き

    協議

事案

妻から離婚と養育費9万円の支払いを求められました。「たしかに収入に基づく養育費の相場は9万円なのかもしれないが、色々な事情から9万円の支払はできません。できる限り減額して欲しい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

ご依頼直後より当事務所の弁護士が妻の代理人と交渉を開始しました。収入に基づく養育費の相場が9万円であった為、当初より妻側は、養育費9万円に固執していました。しかし、当事務所の弁護士が交渉を重ねた結果、最終的に養育費を2万5000円減額させた月額6万5000円で合意が成立することになりました。

 
養育費
弁護士
介入前
9万円
弁護士
介入後
6万5000円
(2万5000円減額)

弁護士の視点

養育費の算定にあたってはいわゆる算定表が定まっており、給与所得者の場合は調整の幅が限りなく少ない為、仮に調停や裁判等の手続になれば、概ね同算定表に従って養育費の支払いが認められることになります。その為、相場を上回る養育費の支払いを求めること、または相場を下回る養育費の支払いしか応じないことは必ずしも容易ではなく、これを相手に認めさせるにあたっては高度な交渉力が必要となります。

特に、養育費は最大で20年間にわたって支払が続くものであり、仮に月額が1万円違うと20年間で240万円の差が生じることになります。その為相場から1万円以上の増減額を相手に認めさせることは非常に難しいのですが、本件は協議・交渉で相手に月額2万5000円の養育費の減額を認めさせたという点で大きな成功を納めた事例です。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい