専業主婦の妻から、妻が管理していた預貯金900万円全額を財産分与として取得させることに成功した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 専業主婦の妻から、妻が管理していた預貯金900万円全額を財産分与として取得させることに成功した事例

離婚の解決事例

127NEW 専業主婦の妻から、妻が管理していた預貯金900万円全額を財産分与として取得させることに成功した事例
  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    性格の
    不一致
    モラハラ

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    無職

  • 条件

    婚姻費用
    慰謝料
    財産分与(不動産/預貯金)

  • 手続き

    調停

事案

妻のモラハラを理由に離婚を希望されていましたが、妻が絶対に離婚しないと頑なでした。また、妻からは不貞を理由とした慰謝料と婚姻費用の請求をされていました。「できるだけ早く離婚を成立させたいし、相手が持っている財産をできるかぎり取得したい。」そのような思いで当事務所にご相談にこられました。

解決

まず、相手が全ての財産を管理していたため、速やかに相手が通帳を管理できない状況にした上で、最低限の婚姻費用の支払いをしました。その上で、相手が申立ててきた婚姻費用分担請求調停では、出来る限り低い金額で合意し、相手を生活苦の状況に追い込みました。

そして、相手が申立ててきた円満調停においては、慰謝料請求が証拠不十分であるとして一切支払わない態度を貫きつつも、今離婚すれば不動産をゆずってもいい等の好条件を提案して、今すぐに離婚するように仕向けました。結果として、1年以内に離婚させることに成功した上、当方がいらない不動産を押しつけて相手が管理していた全財産の預貯金900万円を取得させることに成功しました。

 
離婚
慰謝料
財産分与
弁護士
介入前
拒否
3000万円
要求される
2000万円
要求される
弁護士
介入後
成立
0円
900万円取得

弁護士の視点

離婚を拒否している専業主婦の妻に対しては、とにかく経済的に苦しい状況に追い込んだ上で、ある程度してから相手が飲んでくれそうな離婚条件を提案することが有効です。そして、これは協議や調停を進めていく中で、相手の状況をよく見極めて、「相手が離婚してもいいかもと思う時期」に「相手がこれなら今離婚した方がいいかもと思う条件」を適切に提示することが肝要です。

本件では、適切な時期に絶妙な条件を提案したことにより、速やかに離婚を成立させて、かつ自身としては不要な不動産を押しつけて相手の持っている預貯金900万円全額を取得することができたという点で大きな成功を納めた事例です。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい