3年以上の別居期間を経て、訴訟で離婚を成立させることに成功した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 3年以上の別居期間を経て、訴訟で離婚を成立させることに成功した事例

離婚の解決事例

132 3年以上の別居期間を経て、訴訟で離婚を成立させることに成功した事例
  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    性格の
    不一致
    不貞行為

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    会社員

  • 条件

    慰謝料

  • 手続き

    訴訟

事案

子育てにひと段落したので、夫と離婚をしたいと考えるようになったが、夫は私の不倫を疑い、離婚についても一切応じようとしません。「自分ではどうやって離婚ができるか分からない。」そのような思いで事務所にご相談にこられました。

解決

ご依頼後すぐに離婚調停を申し立てました。しかし、夫が絶対に離婚に応じない姿勢を取り続けた為、離婚調停は不成立となりました。

その後、約3年程度の別居期間を経て、改めて離婚訴訟を提起した結果、夫も離婚はやむを得ないと考えるに至り、最終的に訴訟上の和解で離婚が成立しました。

 
離婚
弁護士
介入前
拒否
弁護士
介入後
成立

弁護士の視点

原則として離婚はお互いが合意をしないと成立しません。もっとも、一定期間の別居期間を経ていれば、判決において離婚が認められる可能性はどんどん高くなります。本件は離婚調停で離婚を拒否されたものの、別居期間を経て改めて提起した訴訟で離婚を成立させることができたという点で大きな成功を納めた事例です。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい