決定的な証拠写真を撮られていたにもかかわらず、慰謝料を170万円も減額できた事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 慰謝料の解決事例
  • 決定的な証拠写真を撮られていたにもかかわらず、慰謝料を170万円も減額できた事例

慰謝料の解決事例

038 決定的な証拠写真を撮られていたにもかかわらず、慰謝料を170万円も減額できた事例
  • 離婚請求

    求められた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    無職

  • 証拠

    探偵の
    調査報告書

  • 慰謝料金額

    160万円(170万円の減額)

  • 手続き

    訴訟

事案

不倫の決定的な証拠を撮られてしまい、330万円の慰謝料を請求されていました。「不倫をしていたこと自体は認めるが、金額が高すぎるので減額して欲しい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

当初は協議で進めていたが、後に訴訟を提起されました。不倫の決定的な証拠を撮られていることもあり、終始、妻の方が有利な状況にありましたが、当事務所の弁護士が訴訟外で妻の代理人と交渉を重ね、最終的に170万円を減額させる形で和解が成立しました。

 
慰謝料
弁護士
介入前
330万円
弁護士
介入後
160万円
(170万円の減額)

弁護士の視点

不倫の決定的な証拠があったこと等から、判決になった場合は200万円を超える慰謝料が認められてしまう可能性がありました。その為、当事務所の弁護士は、何としても和解で解決すべきだと考え、交渉力を武器に妻の代理人と交渉を重ねました。最終的に妻の請求額より170万円も減額させる形で和解を成立させたことができたのは大きな成果です。

その他の慰謝料請求の解決事例はこちら

慰謝料請求

依頼者の性別・職業

依頼者の性別

慰謝料請求の手続き

手続き

慰謝料金額


離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい