不倫相手が最後まで不倫を認めず、決定的な証拠も無かったにもかかわらず、交渉で100万円を回収することに成功した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 慰謝料の解決事例
  • 不倫相手が最後まで不倫を認めず、決定的な証拠も無かったにもかかわらず、交渉で100万円を回収することに成功した事例

慰謝料の解決事例

045 不倫相手が最後まで不倫を認めず、決定的な証拠も無かったにもかかわらず、交渉で100万円を回収することに成功した事例
  • 離婚請求

    求めた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    会社員

  • 証拠

    証言

  • 慰謝料金額

    100万円

  • 手続き

    協議

事案

依頼者の夫が、職場の部下と繰り返し二人で朝まで外出していました。当事者間で協議を行ったものの、不倫相手は認めず、決定的な証拠も無かった為、協議は暗礁に乗り上げていました。「二人で何度も朝帰りをしていたのに、不貞を認めないなんて許せない。」そのような思いで当事務所にご相談にこられました。

解決

当事務所の弁護士は受任後、直ちに相手方を事務所に及びし、直接対面して交渉を開始しました。相手方は不倫の事実を認めませんでしたが、当事務所の弁護士の話を聞く中で、依頼者に対して相応の迷惑を掛けていたことは認められました。その後も当事務所の弁護士が交渉を続けたところ、不貞行為そのものについては認められませんでしたが、結果的に解決金として100万円を回収することに成功しました。

 
慰謝料
弁護士
介入前
0円
弁護士
介入後
100万円

弁護士の視点

不貞行為を裏付ける決定的な証拠が無かった為、仮に裁判となれば慰謝料請求が一切認められる可能性がありました。また、仮に不貞行為の立証に成功したとしても、夫婦関係を継続されていた為、100万円以上の慰謝料が認められる可能性も極めて低いものでした。そのような中、弁護士の交渉術だけで100万円を回収した点で大きな成功を納めた事例です。

その他の慰謝料請求の解決事例はこちら

慰謝料請求

依頼者の性別・職業

依頼者の性別

慰謝料請求の手続き

手続き

慰謝料金額


離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい