不貞行為によって婚姻関係が破綻するに至らなかったものの、短期間の訴訟で慰謝料120万円を回収することに成功した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 慰謝料の解決事例
  • 不貞行為によって婚姻関係が破綻するに至らなかったものの、短期間の訴訟で慰謝料120万円を回収することに成功した事例

慰謝料の解決事例

048 不貞行為によって婚姻関係が破綻するに至らなかったものの、短期間の訴訟で慰謝料120万円を回収することに成功した事例
  • 離婚請求

    求めた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    会社員

  • 証拠

    証言

  • 慰謝料金額

    120万円

  • 手続き

    訴訟

事案

夫が約4年間にわたり不貞行為に及んでいたことが明らかとなった。「できる限り早く慰謝料を回収したい。」そのような思いで当事務所にご相談にこられました。

解決

当初、当事務所の弁護士が交渉で慰謝料の請求を開始しました。しかし、不貞行為の相手方は、「依頼者の夫が不貞に積極的であり、むしろ自分は被害者だ」と主張し支払に応じられませんでした。

そこで、訴訟を提起したところ、相手方は一気に態度を代え、120万円の一括払いに応じると主張するようになりました。その結果、訴訟の第1回期日の直後に訴訟外で和解が成立し、速やかに120万円の支払も受けることができました。

 
慰謝料
弁護士
介入前
0円
弁護士
介入後
120万円

弁護士の視点

不貞行為によって婚姻関係が破綻するまでに至らなかった場合、慰謝料の金額はそれ程高額にならない傾向があります。そのような中、当初慰謝料の支払いを拒絶していた相手方が、訴訟を提起した途端に120万円を一括で支払うとなり、速やかに回収できた点で大きな成功を納めた事例です。

その他の慰謝料請求の解決事例はこちら

慰謝料請求

依頼者の性別・職業

依頼者の性別

慰謝料請求の手続き

手続き

慰謝料金額


離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい