「公正証書を作っておけば、どんな場合でも安心して養育費の支払いを受けることができるのでしょうか?」養育費Q&A | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚問題よくあるQ&A
  • 「公正証書を作っておけば、どんな場合でも安心して養育費の支払いを受けることができるのでしょうか?」養育費Q&A

離婚問題よくあるQ&A

Q7

公正証書を作っておけば、どんな場合でも安心して養育費の支払いを受けることができるのでしょうか?

A7

公正証書を作ったことにより有効なのは、あくまで金銭に関する合意の場合で、かつ、支払金額や支払時期、支払方法が明確に特定されているものに限られます

例えば、養育費の場合で、「大学を卒業するまで」といった文言は、浪人や留年のケースを考えると特定されているとは言えません。また、「入学金及び授業料」といった記載も、具体的な金額が不明確であり、この内容では直ちに強制執行ができるとは言えません。

何より、あくまで相手の財産を差し押さえることができるのが最大のメリットですので、相手に財産が無い、またはあるかもしれないが特定できない場合は強制執行が事実上困難であり、公正証書を作った意味は殆ど無い場合もあります。

このQ&Aに関連するページはこちら

その他の離婚問題よくあるQ&Aはこちら

養育費に関するQ&A 養育費に関するQ&A

離婚問題よくあるQ&Aカテゴリー

  • 離婚の手続きに関するQ&A
  • 慰謝料に関するQ&A
  • 親権・監護権に関するQ&A
  • 養育費に関するQ&A
  • 面会交流に関するQ&A
  • 財産分与に関するQ&A


離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい