「子どもの大学の授業料やその間の生活費は夫が支払うと言っていたのに「20歳を過ぎているから支払う必要がないはずだ」と拒否されました。支払ってもらう方法はないですか?」養育費Q&A | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚問題よくあるQ&A
  • 「子どもの大学の授業料やその間の生活費は夫が支払うと言っていたのに「20歳を過ぎているから支払う必要がないはずだ」と拒否されました。支払ってもらう方法はないですか?」養育費Q&A

離婚問題よくあるQ&A

Q8

子どもが20歳を過ぎていますが、子どもはまだ大学生です。
従前より大学の授業料やその間の生活費は夫が支払うと言っていたのに、いざ養育費の話になると「20歳を過ぎているのだから支払う必要がないはずだ」と拒否されました。子どもの生活費を支払ってもらう方法はないですか?

A8

原則として養育費は未成年者を対象として支払を認めるものです。

もっとも、お子様がいまだ扶養を要する状況にあり、かつ、従前から養育費の支払い義務者が成人後の生活費も一定程度負担することが前提となっていた場合、「扶養料」という形で生活費を請求できる場合があります。

このQ&Aに関連するページはこちら

その他の離婚問題よくあるQ&Aはこちら

養育費に関するQ&A 養育費に関するQ&A

離婚問題よくあるQ&Aカテゴリー

  • 離婚の手続きに関するQ&A
  • 慰謝料に関するQ&A
  • 親権・監護権に関するQ&A
  • 養育費に関するQ&A
  • 面会交流に関するQ&A
  • 財産分与に関するQ&A


離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい