婚姻費用 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ

婚姻費用について

あなたの生活を守ります!婚姻費用調停 通常30万円の着手金を、着手金無料!ただし、離婚調停と同時に婚姻費用調停に対応する場合に限ります

はじめに

「別居を検討しているが、生活費が不安」
「夫の収入で生活していたので、別居後の生活維持がとても大変」
といったご相談をよく頂きます。
また、「相手が勝手に家を出て行ったのに生活費を払わないといけないのか?」、「住宅ローンとは別に生活費も払わないといけないのか?」というご相談もよく頂きます。

ここでいう「生活費」は、法律上「婚姻費用」と呼ばれ、離婚の前段階において大きく問題となります。

婚姻費用とは

「婚姻費用」とは、日常の生活費、子供の養育費、交際費など婚姻から生じる費用のことです。

離婚の協議中、調停中、訴訟中であったとしても、夫婦はお互いが同程度の生活を続けられるように、お互いを扶養する義務(生活保持義務)があります。その結果、どちらか一方の収入が少ない場合には、収入が多い側が少ない側の生活費を渡してくれるように要求する権利があり、これを婚姻費用分担請求権と言います。
その為、基本的に離婚が決着するまでは、婚姻費用として生活費をお互いに分担しなければなりません。

婚姻費用の算定方法

一般的には、養育費と同様、家庭裁判所の算定表に従って計算することになります。具体的には、

① 婚姻費用を支払う側の収入
② 婚姻費用の支払を受ける側の収入
③ 子供の人数
④ 子供の年齢(15歳未満か、15歳以上か)

で判断されることになります(詳しくは家庭裁判所のホームページ等をご参照ください)。

婚姻費用Q&A

Q1 婚姻費用はどうやって相手に求めればいいの?
Q2 婚姻費用の支払はいつから請求できるの?
Q3 未払い分の婚姻費用は遡って請求できるの?
Q4 払いすぎた婚姻費用は取り返せないの?
Q5 相手が一方的に出て行った場合も婚姻費用を払う必要があるの?
Q6 相手が不倫をした為に別居になったのに、その場合も婚姻費用を払う必要があるの?
Q7 相手の家賃や光熱費などが口座から引き落とされている場合、婚姻費用として支払うべき金額から差し引けるの?
Q8 婚姻費用として支払うべき金額から住宅ローンの支払額は差し引けるの?
Q9 子供が私立学校に通っている場合に学費は考慮されるの?
Q10 相手が夫婦の共有財産を持ち出していった場合も婚姻費用を払わないといけないの?
Q11 婚姻費用分担請求調停の結果を待つ余裕もないときに何か方法は無いの?
Q12 婚姻費用分担請求調停が確定したのに相手が婚姻費用を支払ってもらえない場合はどうすればいいの?


婚姻費用の解決事例

これまで解決してきた婚姻費用の事例をご紹介します。ご参考にどうぞご覧ください。
NO 性別 子ども 依頼者職業 相手方職業 手続き
01 専業主婦Aさんのケース ~多額の婚姻費用の支払が約束された事例~
  あり 専業主婦 医師 調停
02 専業主婦Bさんのケース ~数か月滞納された婚姻費用の支払が開始された事例~
  あり 専業主婦 自営業 調停
03 パート社員Cさんのケース ~未払い婚姻費用の支払が認められた事例~
  あり パート社員 会社員 審判
04 公務員Dさんのケース ~相手の婚姻費用の請求額を10万円も減額させた事例~
  あり 公務員 会社員 審判
05 会社員Eさんのケース ~相手の婚姻費用の請求額を大幅に減額させた事例~
  あり
(ただし未成年はなし)
会社員 パート 審判



離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい