初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

離婚とともに養育費と不倫の慰謝料の支払いを求められた夫が、これらを減額させることに成功した事例

  • 離婚請求

    求められた

  • 原因

    不倫

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    パート
    アルバイト

  • 条件

    養育費
    慰謝料

  • 手続き

    調停

事案

夫が妻から不倫を理由に離婚と慰謝料として300万円支払いを求められていました。しかし、不倫相手と男女の関係になったのは、妻との別居が始まった後でした。「そもそも不倫相手とは別居後に知り合ったのであり、慰謝料を支払う必要はないはずだ。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

当初、妻は頑なに不倫の事実を主張し、200万円から300万円程度の慰謝料の支払いを譲りませんでした。しかし、同居中の不倫に関する証拠が全くなかったことから、当事務所の弁護士は一切支払に応じようとはしませんでした。

他方で離婚が成立するまで婚姻費用の支払が続く為、長期化すればするほど、夫にとっては経済的損害が大きくなりかねない状況でした。そこで、不貞行為については認めない代わりに婚姻費用と養育費の差額に若干の金額を上乗せした金額を解決金として支払い、その上で養育費を若干減額させるという形で早期に離婚を成立させることに成功しました。

 
養育費
慰謝料
備考
弁護士

介入前
3万円
300万円
 
弁護士

介入後
2万5000円
100万円
ただし解決金として

弁護士の視点

婚姻費用の支払がある場合、離婚までの期間が長引けば長引く程、婚姻費用の支払義務を負う側にとっては経済的窮地に立たされることとなります。本件は、慰謝料としての支払を否定しつつ、養育費を減額させた上で早期に離婚を成立させることができたという点で大きな成功を納めた事例です。

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい