初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

支払能力の乏しい不倫の相手方から慰謝料100万円を回収することができた事例

  • 離婚請求

    求めた

  • 性別

  • 職業

    自営業

  • 相手職業

    パート

  • 証拠

    探偵の
    調査報告書

  • 慰謝料金額

    100万円

  • 手続き

    訴訟

事案

夫が他の女性と複数回にわたって不貞行為に及んだことが発覚した。当時者間で話をしてみたものの、経済的に慰謝料の支払いが困難である等の反論が為され、協議は全く進まなかった。「不倫相手の経済的状況はともかく、最低限の支払は求めたい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

当事務所の弁護士が受任後、直ちに不貞行為の相手方と電話で協議を行いました。もっとも、同様に経済的に支払が出来ないと主張され、協議が進まなかったことから訴訟を提起しました。訴訟を提起したところ、相手方も柔軟に対応するようになり、頭金20万円、総額100万円という形で最低限の慰謝料は回収することができました。

 
慰謝料
弁護士

介入前
0円
弁護士

介入後
100万円

弁護士の視点

相手方が無職やパート・アルバイトなどの場合、裁判で勝訴したとしても、全く金銭の回収ができない場合があります(相手方が仕事を辞めて開き直るケースもございます)。本件の相手方もそのような可能性のある方であり、和解で任意の回収が出来たという点で大きな成功を納めた事例です。

離婚・慰謝料のお悩みに関する相談受付中【初回30分無料】