DV・モラハラが激しい外国籍の夫との離婚が成立した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ

離婚の解決事例

061 DV・モラハラが激しい外国籍の夫との離婚が成立した事例
  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    DV

    モラハラ

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    専業主婦

  • 相手職業

    専門職

  • 条件

    なし

  • 手続き

    訴訟

事案

外国籍の夫のDV・モラハラが激しく、早急な離婚を希望されていました。ご自身で調停をされていましたが、離婚について合意は「条件はさておき、とにかく早く離婚したい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

訴訟提起後も夫との連絡が取れず、期日の進行が滞っておりました。その後、夫が出頭するようになったものの、日本語でのやり取りが殆どできなかった為、通訳の選任をするのに相当程度の時間が経過しました。最終的に通訳が成立した後、養育費や慰謝料の点のみならず、面会交流までもが争点に上がっていた為、離婚までの時間が長期化する危険がありました。そこで、当事務所の弁護士は、戦略的に離婚と親権以外の諸条件を取り下げ、離婚のみを争点にすることで、和解で短期間で離婚を成立させることに成功しました。

 
離婚
弁護士
介入前
争う
弁護士
介入後
合意

弁護士の視点

外国籍の方が相手方となる場合、書面の翻訳をどのような形で行うのか、通訳をどのような形で選任するのか等、様々な問題点が生じることとなります。そのような問題点が多々ある中、和解で離婚を成立させたという点で大きな成功を納めた事例です。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい