相手方からの250万円の財産分与の請求を0円にした上で、婚姻前に相手方に貸していた100万円を回収し養育費の請求も成功した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 相手方からの250万円の財産分与の請求を0円にした上で、婚姻前に相手方に貸していた100万円を回収し養育費の請求も成功した事例

離婚の解決事例

123 相手方からの250万円の財産分与の請求を0円にした上で、婚姻前に相手方に貸していた100万円を回収し養育費の請求も成功した事例
  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    性格の
    不一致
    モラハラ

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    無職

  • 相手職業

    会社員

  • 条件

    養育費
    婚姻費用
    財産分与

  • 手続き

    調停

事案

同居していた夫の家族と折り合いが悪く、夫との離婚及び婚姻前に貸していた100万円の取り返し、養育費の支払いを求めていました。しかし、夫は離婚には応じない姿勢を見せ、離婚に応じたとしてもむしろ財産分与として250万円を支払うように要求してきました。「できるだけ貸金を回収した上で、相手方からしっかり養育費を支払ってもらって離婚したい。」そのような重いで当事務所にご相談にこられました。

解決

相手方はかたくなに離婚や養育費・婚姻費用の支払い、そして貸金の返済に応じようとしませんでした。そのため、婚姻費用調停と離婚調停を申立て、その上で過去の裁判例や文献を引用した意見書を作成して裁判官を使って説得を試みました。結果的に、当方の意見書の主張を裁判官に全て認めさせたおかげで、相手方に当方の請求をほぼ全てのませることに成功しました。

 
離婚
養育費
婚姻費用
貸金
財産分与
弁護士
介入前
拒否
拒否
拒否
拒否
250万円請求
弁護士
介入後
成立
相当額
相当額
96万円支払う
0円

弁護士の視点

あまりにもお話し合いができそうにない相手方に対しては、調停手続を利用することが効果的な場合があります。当人間では話し合いができなくとも、裁判官を使って説得をすることで、当方の主張が最終的には通る(相手方自身の主張が通らない)ということを認識させることができるためです。そして、裁判官を上手く利用するためには、とにかく法的根拠がしっかりと示された主張書面を出すことが肝要です。

しっかり法的根拠を示した主張書面を出したことで、離婚や婚姻費用・養育費の支払い、貸金のほぼ満額の支払いをさせるというクライアントのご意向を全て叶えることができたという点で大きな成功を納めた事例です。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい