相手方に住宅ローン全てと(養育費とは別に)学費等を9割の割合で負担させた上で、自宅マンションと預貯金1000万円を取得することに成功した事例 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 相手方に住宅ローン全てと(養育費とは別に)学費等を9割の割合で負担させた上で、自宅マンションと預貯金1000万円を取得することに成功した事例

離婚の解決事例

124 相手方に住宅ローン全てと(養育費とは別に)学費等を9割の割合で負担させた上で、自宅マンションと預貯金1000万円を取得することに成功した事例
  • 離婚請求

    求められた

  • 原因

    性格の
    不一致

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    パート・
    契約社員

  • 相手職業

    公務員

  • 条件

    養育費
    財産分与(不動産/預貯金/退職金)

  • 手続き

    調停

事案

夫の方から離婚を求められており、既に別居して2年近くが経っているため、このままでは離婚せざるをえない状況でした。「離婚せざるをえないのであれば、できるかぎり多くの財産と不動産をもらいたい。子ども達のためにも養育費や学費は離婚する前と変わらずもらいたい。」そのような重いで当事務所にご相談にこられました。

解決

夫が離婚を成立させるために、離婚調停を申立ててきました。当初夫は、不動産をゆずる代わりに、住宅ローンの支払いをするように求めた上で、退職金は支払わない、養育費も相当額を支払うとしていました。しかし、こちらの望む条件出ない限りはとことん離婚に応じるつもりはないという徹底抗戦の姿勢を示しつつも、相手方が要求をのんでくれそうなギリギリのラインを見定めて交渉を続けました。

その結果、相手方に住宅ローン全てと養育費とは別に学費等を9割の割合で負担させた上で、自宅マンションと相手方がもっているほぼ全ての預貯金(退職金含む)を取得することに成功しました。

 
養育費
財産分与
弁護士
介入前
相当額
不動産をもらう代わりに
住宅ローン全額負担
弁護士
介入後
相当額+
学費等9割負担
不動産をもらい、
住宅ローンは全額相手負担して
預貯金1000万円取得

弁護士の視点

離婚を求めてきている夫に対しては、「離婚に応じる」ことを切り札にして、すぐに離婚出来るなら支払ってもいいと相手が考えるギリギリの条件を見定める必要があります。

婚姻費用を支払ってもらう体制を調えた上で、すぐには離婚には応じることができないとしつつも、相手の態度を見定めて少しでもこちらに有利な条件でまとめられるように交渉していくことが必要です。相手に負債を全て背負わせて、こちらが財産をほぼ全て取得し、お子様達の養育費と学費を確保する、これ以上ない条件でまとめることができたという点で大きな成功を納めた事例です。

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい