230万円減額!!(やむを得ず関係した相手への慰謝料を減額・分割できたケース) | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 慰謝料の解決事例
  • 230万円減額!!(やむを得ず関係した相手への慰謝料を減額・分割できたケース)

慰謝料の解決事例

012 230万円減額!!(やむを得ず関係した相手への慰謝料を減額・分割できたケース)
  • 離婚請求

    求められた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    不明

  • 証拠

    本人の証言

  • 慰謝料金額

    100万円(230万円の減額・分割)

  • 手続き

    協議

事案

依頼者は、相手方の女性の夫から借金をしていました。同夫から、借金の返済を猶予する代わりに、関係を迫られ、やむを得ず2、3回程度応じることとなりました。

「断りきれなかった自分が悪いのは間違い無いが、男性にも非があるはずだし、何より、預貯金も無く、一括の支払いには応じることが出来ない。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

受任後、相手方代理人に対して、直ちに電話をし、その後、減額を求める旨の書面を同代理人宛に送付しました。その結果、月2万円ずつ、総額100万円を支払うという内容で合意に達することができました。

その他の慰謝料請求の解決事例はこちら

慰謝料請求

依頼者の性別・職業

依頼者の性別

慰謝料請求の手続き

手続き

慰謝料金額


離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい