初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

法律上の離婚原因は無かったものの、約3年の別居期間を経て、判決で離婚が認められた事例

  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    性格の
    不一致

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    契約社員

  • 条件

    なし

  • 手続き

    訴訟

事案

既に当事者間で離婚調停を行っていたものの、夫が頑なに離婚を拒んでいた為に離婚が成立していませんでした。「既に約2年も別居しており、婚姻関係を修復するつもりもないので何とかして離婚したい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

当事務所の弁護士が、受任後、直ちに訴訟を提起しました。訴訟期日において、何度か裁判官より和解の勧めもありましたが、夫が離婚を拒絶した為、双方の尋問を経て、判決が下されることとなりました。裁判において、当事務所の弁護士が婚姻関係の修復可能性が皆無であることを主張していたこともあり、依頼者の主張が概ね全て認められる形で離婚を認める勝訴判決を頂くことができました。

 
離婚
備考
弁護士

介入前
拒否
 
弁護士

介入後
成立
※勝訴判決(夫が控訴しなかった為、確定)

弁護士の視点

法律上の離婚原因が無い場合、直ちに判決で離婚が認められることはありません。もっとも、一定の別居期間を経ており、婚姻関係の修復が困難と認められる場合は、必ず最終的に離婚が認められます。本件は、当初の見通しどおり、判決できっちり離婚が認められた点で大きな成功を納めた事例です。

離婚・慰謝料のお悩みに関する相談受付中【初回30分無料】