初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

入籍から1週間足らずで離婚を求められたことに対し、慰謝料として250万円を約1か月で回収することに成功した事例

  • 離婚請求

    求められた

  • 原因

    性格の
    不一致

  • 性別

  • 子ども

    なし

  • 職業

    無職

  • 相手職業

    会社員

  • 条件

    慰謝料

  • 手続き

    協議

事案

入籍後1週間以内に、正確の不一致等を理由に夫から離婚を切り出されてしまいました。「まだ夫に気持ちもあるし、入籍直後にこのように一方的に離婚を切り出されるなんて絶対に許せない。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

夫は離婚を急いでいた為、弁護士介入後、直ちに慰謝料として100万円を提示してきました。しかし、依頼者の被った精神的損害に比べればあまりにも安すぎたことから、その後も交渉を続け、最終的に慰謝料として250万円を支払う形で合意が成立しました。

 
慰謝料
備考
弁護士

介入前
0円
 
弁護士

介入後
250万円
約1か月で解決

弁護士の視点

入籍後1週間以内の離婚ではあるものの、婚約破棄には該当しない為、婚約破棄としての慰謝料は見込めませんでした。他方で、婚姻生活が短い場合、一般的には慰謝料は低くなる傾向にあります。その為、仮に裁判で慰謝料を請求した場合、極端に低い金額になるリスクもありました。そのような状況下で、当事務所の弁護士は交渉だけで慰謝料の金額を一気に増額させ、かつ、約1か月で全てを解決したという点で大きな成功を納めた事例です。

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい