初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

調停で夫が子供(6歳以下)の親権を取得することに成功した事例

  • 離婚請求

    求めた

  • 原因

    性格の
    不一致

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    会社員

  • 条件

    親権

  • 手続き

    調停

事案

突如妻が子どもを連れて別居しました。そこで、「子供の親権を取った上で離婚を成立させたい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

当初、相手方である妻は親権について争う姿勢を示していました。しかし、妻は経済的に困っており、一人きりでの子育てに苦慮している様子でした。そこで、まずこれまで妻にしてきた経済的支援を必要最小限に抑えて経済的に困らせた上で、調停を長引かせてこちらはとことん戦う意欲があることを示しました。その上で、こちらに親権を譲ってくれれば、いつでも子どもに会いに来ていいし、養育費も請求しないとして飴と鞭を上手く使い分けたところ、最終的に、妻も親権を譲ることに同意し、調停で親権を獲得することに成立しました。

 
親権
弁護士

介入前
拒否
弁護士

介入後
取得

弁護士の視点

親権が争点となっている場合で、まだ子どもが幼い場合には、現在子どもを監護している側が圧倒的に有利です。その為、いかに任意で相手に子どもを引き渡してもらうかが肝になっていました。本件は、相手の状況を把握して、相手を上手く誘導する形で迅速かつ円満に親権を取得することができたという点で大きな成功を納めた事例です。

離婚・慰謝料のお悩みに関する相談受付中【初回30分無料】