妻の不貞を夫やその親族が主張して譲らない・・・(離婚を希望する妻のケース) | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ
  • HOME
  • 離婚の解決事例
  • 妻の不貞を夫やその親族が主張して譲らない・・・(離婚を希望する妻のケース)

離婚の解決事例

145NEW 妻の不貞を夫やその親族が主張して譲らない・・・(離婚を希望する妻のケース)
  • 離婚請求

    離婚を求めた

  • 原因

    性格の
    不一致
    モラハラ

  • 性別

  • 子ども

    あり

  • 職業

    主婦

  • 相手職業

    公務員

  • 条件

    親権、
    婚姻費用、
    養育費

  • 手続き

    競技

事案

夫の転勤に伴い別居が続いていた事案です。お客様は既に妊娠しておられましたが、夫やその親族が、当方の不貞を疑い、お腹の中の子が自身の子でない旨主張して養育費の支払いを拒むだけでなく、親族らとともに共通の知人等に「妻が不貞をしている」等といった事実無根の噂をばらまいていました。

解決

当事務所において、夫と協議を行いましたが、早期に夫側も代理人弁護士を立てたため、弁護士どうしでの交渉となりました。

交渉途中にも夫の親族が当方(妻)の不貞を周囲に言いふらすという事態も生じましたが、相手方代理人に対して当該親族に対する名誉毀損罪による刑事告訴を警告する等して事態の鎮静化を図りました。

最終的には、夫のみならずその親族に対しても、生まれた子供が夫の子であることを認めさせた上、二度と不貞など当方の名誉を害する発言を行わない旨を約束させる形で協議離婚に至らせることができました。もちろん、お子様の養育費等や当方の求める財産分与も合意内容に盛り込んでおります。

その結果、相談後、2か月以内に離婚届を提出しする旨の合意の取り付けに成功しました。

 

その他の離婚の解決事例はこちら

離婚の原因

離婚の条件

離婚の手続き

その他の分類

依頼者の性別

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい