初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

婚約者が他の異性と男女関係に及んでいたことの慰謝料として65万円を回収できた事例

  • 離婚請求

    求めた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    会社員

  • 証拠

    証言

  • 慰謝料金額

    65万円

  • 手続き

    協議

事案

婚約者が結婚式の準備をしている最中に職場の人間と男女関係に及んでいることが発覚した。「既に婚約もしており、不倫と内容は変わらないはずだから慰謝料を請求したい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

当初、相手方は婚姻関係にはなかったことを理由に慰謝料の支払い義務は無い旨の主張をされていました。その後、当事務所の弁護士が交渉を続けたものの40万円程度しかご提示頂けませんでした。もっとも、さらに粘り強く交渉を続けたところ、最終的に65万円を一括で支払うという形で示談が成立しました。

 
慰謝料
弁護士

介入前
0円
弁護士

介入後
65万円

弁護士の視点

いわゆる裁判例を検討すると、婚姻関係が成立しておらず、いわゆる婚姻状態の場合は、他の異性と肉体関係に及んでいたとしても、慰謝料の請求を認めない、あるいは認めるとしても極めて低い金額の場合が多い傾向にあります。

この方のケースでも、訴訟を提起しても100万円を超えるような慰謝料の回収は難しいことが予想されました。そのような状況下において、協議で65万円を一括払いで回収することができたのは大きな成果です。

離婚・慰謝料のお悩みに関する相談受付中【初回30分無料】