初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

相手方が不貞の事実を認めておらず、離婚も成立していない段階であったにもかかわらず、解決金として100万円を回収することができた事例

  • 離婚請求

    求めた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    無職

  • 証拠

    証言

  • 慰謝料金額

    100万円

  • 手続き

    協議

事案

夫が職場の同僚と不貞行為に及んでいたことが発覚した。夫は不貞の事実を認めていたものの、相手方は不貞の事実を認めず、慰謝料の支払いを拒んでいた。「夫が認めているにもかかわらず、不貞の事実を認めないなんて許せない。きっちり慰謝料を払ってもらいたい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

当事務所の弁護士が受任後も、相手方は一貫して不貞の事実を認めようとはしませんでした。その上で、当事務所の弁護士が交渉力を駆使することで、不貞の事実の有無については不問のまま、解決金名目で100万円を支払う形で示談を成立させることができました。

 
慰謝料
備考
弁護士

介入前
0円
 
弁護士

介入後
100万円
頭金50万円、残額は分割払い

弁護士の視点

不貞の事実については、依頼者も客観的な証拠は持っておらず、証拠は夫の証言のみでした。その為、裁判になった場合、必ずしも有利な立場にはありませんでした。また、離婚が成立していないこともあり、仮に裁判で不貞の事実が認められたとしても、慰謝料の金額は100万円を大きく上回ることは見込めませんでした。そのような状況下で、交渉力を武器に、相手方が不貞の事実を認めないまま100万円の回収に成功したという点で大きな成功を納めた事例です。

離婚・慰謝料のお悩みに関する相談受付中【初回30分無料】