初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

遠方の裁判所での裁判であったにもかかわらず、慰謝料130万円の回収に成功した事例

  • 離婚請求

    求めた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    会社員

  • 証拠

    手紙
    証言

  • 慰謝料金額

    130万円

  • 手続き

    訴訟

事案

夫が不倫をしていたことが明らかとなった。手紙等の証拠もあり、不倫相手も不倫の事実は認めていたにもかかわらず、慰謝料の支払いを拒んでいる。「不倫を認めているのに慰謝料を支払わないなんて許せない。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。なお、相手方が遠方に在住であった為、どのような形で相手に請求していくかも問題となりました。

解決

当初、当事務所の弁護士が交渉を開始しましたが、相手方は不倫の事実を認めるものの、慰謝料として30万円しか支払いに応じようとされませんでした。そこで、当事務所の弁護士が証拠関係を整理し、尋問を行うことで、最終的に裁判官も100万円から150万円程度の慰謝料は支払うべきという心証になりました。最終的に、早期解決の意向もあり、130万円で合意が成立しました。

 
慰謝料
弁護士

介入前
0円
弁護士

介入後
130万円

弁護士の視点

相手方が遠方であったとしても、裁判の殆どは電話会議で進めることができます。ご本人が出頭しなければいけないのは、いわゆる尋問の時の1回だけで済むこともあります。このように本件は、相手方が遠方に在住しておりましたが、裁判の中で130万円を回収することに成功したという点で大きな成功を納めた事例です。

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい