初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

不倫相手の電話番号しか分からず、また、肉体関係の証明ができていなかったにもかかわらず、受任後1か月以内で慰謝料300万円の回収に成功した事例

  • 離婚請求

    求めた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    公務員

  • 証拠

    本人の証言

  • 慰謝料金額

    300万円

  • 手続き

    協議

事案

妻が勤務先の上司と不倫関係に及んでいるようであった。「妻も不倫相手も肉体関係については否定しているが、この不倫が理由で離婚せざるを得なくなったことは間違いない。絶対に高額の慰謝料を取ってもらいたい。」

解決

不倫相手の電話番号しか分からなかった為、受任後直ちに当事務所の弁護士が不倫相手に架電し、慰謝料の請求をしました。その電話の中で、不倫相手は一貫して肉体関係については否定していたものの、当事務所の弁護士の交渉によって、自身のせいで婚姻関係を破綻せしめたことは認めるに至り、早期解決の観点から慰謝料として300万円を支払う旨の合意を取り付けることに成功しました。

 
慰謝料
弁護士

介入前
0円
弁護士

介入後
300万円

弁護士の視点

肉体関係の証明ができない状況において、訴訟を提起したとしても、慰謝料の金額がどの程度高額になるかは非常に怪しいところでした。場合によっては慰謝料義務が無いと認定される危険すらあるところでした。そのような状況下において、当事務所の弁護士は、不倫相手が相当程度の役職に付いている公務員であったことに着目し、早期解決のメリット等を主張して交渉を進めていきました。その結果、相手方は速やかに300万円を支払うことに応じることになりました。

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい