初回相談
30分無料

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

0120-100-129

メール

LINE

離婚・慰謝料に関するご相談 [受付] 9:00 - 18:00

初回相談
30分無料

0120-100-129

相手が不貞行為を認めていなかったにもかかわらず、受任後1週間内に交渉で慰謝料200万円を回収することに成功した事例

  • 離婚請求

    求めた

  • 性別

  • 職業

    会社員

  • 相手職業

    会社員

  • 証拠

    本人の証言

  • 慰謝料金額

    200万円

  • 手続き

    協議

事案

妻が職場の上司と不貞関係に及んでいることが発覚した。当事者間で若干の協議がもたれたが、不貞行為について認めておらず、金額にも開きがありました。「少なくとも不倫の慰謝料の相場にあたる金額はきちんと払ってもらいたい。」そのような思いで当事務所にご相談に来られました。

解決

ご依頼直後より当事務所の弁護士が不倫相手と交渉を開始しました。当初こそ相手方は慰謝料の増額を拒んでいましたが、最終的に200万円を支払う形で早期に和解が成立しました。

 
慰謝料
弁護士

介入前
0円
弁護士

介入後
200万円

弁護士の視点

不倫の慰謝料の相場は概ね150万円から200万円程度となっております。もちろん、訴訟を提起すれば若干の増額は見込めますが、他方で最低でも半年以上の期間を要することになり、また、追加の弁護士費用その他の費用も発生しかねません。その為、1週間以内に相場額を上回る200万円を慰謝料として回収することができたという点で本件は大きな成功を納めた事例です。

離婚・慰謝料のお悩みに関する相談受付中【初回30分無料】