共働き夫婦必見!パワーカップルが離婚するとき財産分与について弁護士が解説 | 離婚 弁護士 多拠点対応|弁護士法人グレイスへお任せください

執務時間 平日9:00 - 18:00【電話受付24時間対応】

0120-100-129

メールメールでお問い合わせ

LINELINEでお問い合わせ

初回相談60分無料

0120-100-129

共働き夫婦必見!パワーカップルが離婚するとき財産分与について弁護士が解説

離婚・慰謝料コラム モラハラ

共働き夫婦必見!パワーカップルが離婚するとき財産分与について弁護士が解説

パワーカップルとは

離婚の切り出し方

 パワーカップルとは、一般的に、正社員などの共働きをしていて夫婦の双方が平均年収以上の収入を得ているなど、一般的な夫婦と比べて多くの財産形成をしている夫婦を意味します。

パワーカップルの財産分与の注意点

離婚の切り出し方

 パワーカップルが離婚する際には、財産分与が問題となることが多いです。財産分与とは、夫婦が結婚してから離婚するまでの間に形成した財産を、離婚時に、原則として2分の1ずつに分けることを意味します。
 この際に注意が必要なのは、「特有財産」という概念です。財産分与は、婚姻期間中に夫婦が協力して形成した財産を分割することを意味しますから、婚姻期間外に形成した財産や、夫婦の協力とは無関係に得られた財産は、分与する財産に該当しません。これは例えば、独身期間中に形成した財産や、別居後に形成した財産、ご両親から相続した財産などを意味します。パワーカップルの場合、単独でも収入が多いことから、これらの財産分与対象外の財産も多く保有していることがあります。
また、裁判例上、パワーカップルのいずれかが医師、弁護士、公認会計士などの有資格者やスポーツ選手であるなど、主として本人固有の能力に起因するような収入がある場合には、財産分与の割合が2分の1ではなくなることもあります。
このように、どの財産を財産分与の対象外とすることができるのか・財産分与割合はどの程度どなるのかという点は、どのような証拠が必要かという点とともに、弁護士による判断に委ねた方が良いでしょう。

ペアローンの住宅・マンションの財産分与

離婚の切り出し方

 パワーカップルの財産分与では、特にペアローンで購入した住宅や分譲マンションの財産分与が問題となります。ペアローンで購入した住宅は、夫婦一方のみの判断で売却することができず、かつ、離婚後でもお互いが引き続き返済の責任を負うことになります。相手方が返済を怠った場合には、あなたも返済について責任を負う可能性が高いといえます。
 このような問題があるため、離婚時には住宅の処分や分与方法を定めることが難航しがちです。

パワーカップルの離婚は弁護士にご相談を

離婚の切り出し方

 以上ご説明したとおり、パワーカップルが離婚する際には、特に財産分与で大きな金銭が動くこととなりますし、不動産の処理に難点があるなど、離婚時に本人同士での協議・解決が困難なことが多いです。ご自身に有利な離婚条件を定めるためにも、ぜひ離婚をお考えの方は弁護士にご相談ください。

離婚・慰謝料のお悩みに関する相談受付中【初回60分無料】

0120-100-129

電話受付時間 | 24時間対応

※執務時間 平日9:00 - 18:00

平日18:00〜翌9:00及び休祝日での電話でのお問合せにつきましては、受付内容の確認後、担当者より折り返しのご連絡をさせて頂いて予約を確定させることとなります。