「親権と監護権を分ける場合があるということを聞いたことがあるけど、どういう場合に分けるの?」親権・監護権Q&A | 離婚 弁護士 鹿児島|離婚相談は弁護士法人グレイスへお任せください
  • HOME
  • 離婚問題よくあるQ&A
  • 「親権と監護権を分ける場合があるということを聞いたことがあるけど、どういう場合に分けるの?」親権・監護権Q&A

離婚問題よくあるQ&A

Q6

親権と監護権を分ける場合があるということを聞いたことがあるけど、どういう場合に分けるの?

A6

一般的に「親権」という言葉を使う場合、その内容は身上監護と財産管理の権利を含めた意味で使われます。これに対して「監護権」は実際に日常のお子様の身の回りの世話をする権利といった意味合いで使われます。

親権の協議について折り合いがつかない場合に、ある意味妥協案として親権と監護権を便利させる場合があります。もっとも、このように分離させた場合、通常は親権と監護権の円滑な行使は期待し難く、それによってお子様が不利益を被りかねません。

その為、一般的に裁判所は親権と監護権を分けることには非常に消極的です。

その他の離婚問題よくあるQ&Aはこちら

親権・監護権に関するQ&A 親権・監護権に関するQ&A

離婚問題よくあるQ&Aカテゴリー

  • 離婚の手続きに関するQ&A
  • 慰謝料に関するQ&A
  • 親権・監護権に関するQ&A
  • 養育費に関するQ&A
  • 面会交流に関するQ&A
  • 財産分与に関するQ&A


離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい