預貯金 | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ

【財産分与】預貯金

【財産分与】預貯金 【財産分与】預貯金

基本的には、基準時時点の残高がそのまま財産分与の対象となります。

また、預貯金は最も流動性の高い財産ですので、他の財産との兼ね合いで調整の対象として利用されることが頻繁にあります(例えば、夫が自宅を全て取得する代わりに、自宅の半額相当分の預貯金を妻が取得する等です。)。

その反面、口座名義と本来の預貯金の性質にズレが生じてしまうことや、預貯金自体が使途不明なまま流出してしまうということ危険もあります。

以下、預貯金に関して協議、調停、訴訟で頻繁に問題となる点について解説いたします。

子供名義の預貯金

子供名義の預貯金であることを理由に、親権者が当然に子供名義の預貯金の取得を希望されるケースがありますが、残念ながら当然にそのような結果にはなりません。

お年玉やお小遣いを貯めたものであればお子様固有の財産になるのでしょうが、お子様の将来の学費等の為に夫婦が貯めたものや、祖父母からのお祝い金等もその趣旨次第では夫婦の共有財産とみなされ、財産分与の対象となり得ます。

結婚前の預貯金

基本的に結婚前の財産は財産分与の対象とはなり得ません。

もっとも、結婚前の財産と結婚後の財産を明確に分けることなく、混然一体に管理していたような場合は夫婦の共有財産にあたるものとみなされる、財産分与の対象となる場合があります。

よく問題となるのが、結婚前の預貯金も含めて家計の管理を相手に任せていたところ、後に結婚前の財産が相手に費消された疑惑がある場合です。

この場合、結婚前の財産がどのような形でどこに移されていったのか、それが夫婦の共有財産とはどのように区別できるのか等について厳密に証明をしていく必要があります。

また、結婚前の預貯金の家計管理を相手に任せたこと自体が、結婚前の財産を夫婦の共有財産に組み入れる意思があったものとみなされる場合がございます。

いずれにせよ、結婚前の預貯金について不要な争いを避ける為には、安易に管理を相手に任せず、密かにご自身で管理されることをお勧めいたします。

財産分与別INDXはこちら

離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい